ロスとZWEIの徒然漫遊奇
もはやエアソフトガン、サバゲが中心になったオンラインゲーム&オフラインブログ。ゆっくり更新中
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うむむ・装備変
 
10,11日に千葉で夜戦があるみたいです。行きたいけど給料日前だorz


さてさて、今回はサバイバルゲームをはじめる時に必要な物やらなにやらについて書こうかと。

興味のある方は見て行ってください


 
 
 
■サバゲをはじめる人への初級講座・装備

 初級講座と銘打ってみたものの他人様にとやかく言えるようなキャリアは無いわけで、初心者なりに初心者らしくこんな物が必要だよーと言いつつ適当に文字を稼ごうかと


○ひっすアイテム・ゴーグルの巻

 まぁ、サバゲをはじめる時は何はなくとも必ず購入しないといけないのはゴーグル(なるべくならフェイスガード付きの物)です。
 エアガンが玩具ですが、プラスチック製のBB弾を発射する能力があります。遊んだことがある人ならわかると思いますが当たると痛いです。無論、目に当たれば最悪失明します。歯に当たれば折れることもあります。そのため、ゴーグルで目を保護する必要があります。眼鏡掛けてるから大丈夫と思った方、甘いです。レンズに傷が入りますし、ひびが入ることもあります。

東京マルイ・プロゴーグルLクリア


上の写真(東京マルイ・プロゴーグルL)のようなシューティンググラスタイプの物では不十分なので、下のようなしっかりとした物(サンセイ・角型曇止マスク&ゴーグル)にしましょう。
あと目を保護する部分がメッシュ(金網)の物がありますが、BB弾が当たった時に弾が割れて破片が抜けることがあるらしいので止めましょう。

サンセイ・角型ゴーグル&ガード


サンセイの製品は値段が安くて買いやすいですが、できたらJTのフルフェイスタイプを買うことをお勧めします。耳も守れますからね。


○ひっすアイテム・服装&装備の巻

 迷彩服を買うのが一番なんだけど、暗めの色合い(暗緑色や黒、迷彩風味)の作業着を工務店やホームセンターで買ってくるのもいいと思います。なんせ安い。まぁ、汚れてもいい服装(長袖長ズボン)で行きましょう。使う銃に合わせるのもアリです。
 迷彩にも種類があります、本来はフィールドの植生を考え選ぶのが一番なのですが、ウッドランドと呼ばれる下のようなパターンの迷彩を選ぶ人が多いです。

ウッドランド


まぁ、日本国内なので自衛隊の使っている新迷彩も高い効果があります。
あとはドイツ軍の現用迷彩であるフレクターパターンも中々の迷彩効果があります。

 靴ですがトレッキングブーツや専用のジャングルブーツをお勧めしますが、履きなれないブーツ類はかえって怪我の元になりますので履き慣れたスニーカーのほうがマシだと思います。)

 手袋はあったほうがいいと思います。当たると痛いので軍手でもいいので持っていくことをお勧めします。

 後は、100円ショップやドンキなんかでニーパッドを買っておくといいかもしれません。ドンキだと300~500円位で買えるみたいです。


○ひっすアイテム・エアガンの巻

 さてさて、サバゲでゴーグルの次に重要な物は銃です。銃に関しては財布と相談しつつ、自分が気に入った物を使うといいと思います。
現在、サバイバルゲームで使われている銃は大きく分けてパワーソースごとに3種類に分類できます。

1.電動ガン

 現在、主流となっている銃のタイプでバッテリーとモーターでピストンを動かしBB弾を発射するエアガンです。銃本体に加え、バッテリーや充電器、放電器を買う必要がある。初期費用は高いが充電に掛かる電気代は安い。
また、バッテリーの容量にもよるがフルチャージなら概ね数千発撃つことができ、射程も長く連射もできます。気温に左右されず、夏でも冬でも同じように使えます。

2.ガスガン

 サイドアーム(予備武器)して使われることが多いが、種類によってはメインウエポンとしても使われる。
 その名の通り、ガス(HFC134a:代替フロン)を充填し、その圧力でBB弾を発射する銃です。
 初期費用は電動ガンより安いですが、ガスを消費するのでガス代が掛かるのでランニングコストは電動ガンより高くなります。
また、ガスを気化させなければならないので気温との戦いとなります。気温が高ければガスは気化しやすく、安定した性能が得られますが、気温が低いとガスは気化しにくく、ひどく不安定な性能しか発揮できません。ただし、一部の種類は多少寒くても安定した作動をみせる。(対策としてはホッカイロやマガジンウォーマーなどでマガジン(ガスを充填する物)を暖める)

3エアコッキングガン

 1000円以下の低価格な物から数万する物まであるタイプです。
前述した2種類とは違い、撃つ度にコッキングする必要があります。そのため連射性能は低いですが、動作は一番安定しています。
初期費用は安い物から高い物までありますが、ランニングコストは弾代以外かかりません。


さて、各種類の特徴が多少ですがご理解いただけたと思います。

 お勧めするのは電動ガンですが、これはアサルトライフルタイプ、サブマシンガンタイプ、ブルパップタイプ、GPMG(分隊支援火器)などがあります。

まぁ、GPMGは特殊な部類なので除外しますが、他のタイプは性能自体にはあまり違いがない(ほとんど東京マルイ製のため)ので好きな銃を選ぶといいと思います。
 ただ主観ですが、サブマシンガンタイプは少し射程が短いように思えます。あとラージバッテリーを使う銃を選ぶとバッテリーを複数買う必要が無くていいと思います。

 ガスガンですが、ハンドガン(ブローバック・固定スライド)、ショットガン、グレネードランチャーなどがあります。
ショットガンやグレネードランチャーは特殊なので除外します。

 ハンドガンはブローバック式と固定スライド式で差があり、ブーロバック式は作動がリアルですが作動音が大きく、また寒さに弱いです。
固定スライド式はブローバックしない代わりに作動音が小さく、サイレンサーを併用することで作動音をかなり抑えることができ、寒さにも比較的強く安定した作動をします。
 ただ、メーカーごとに特色があります。例えば、

・WA製は高額だが、リアルな外見で近距離での命中率はいいが距遠距離になると命中率が極端に悪くなる物もある。ヘビーウェイト樹脂を多用するため重い。

・東京マルイ製は比較的安価(1万前後)で作動も安定していて実用性は高いがディフォルメが加えられていてリアリティーに欠ける。

・KSC製は外見が美しく内部構造がリアルだが、耐久性に欠けまた固体によって性能にバラつきがある。

 スナイパーをやってみたいという人には電動のセミオートスナイパーライフル(PSG-1)もありますが、エアコッキングのスナイパーライフルをお勧めします。またエアコッキングのショットガンの中にはスナイパーライフルの代用として使えるものもあります。(KTW製イサカフェザーライトなど)


まぁ、銃に関しては項目の最初にも書きましたが、

気に入った物を買いましょう。それが一番です。


○ひっすアイテム・BB弾

野外のフィールドでは必ずバイオ弾を使いましょう。セミバイオとか紛らわしいのがありますがバイオ弾を使ってください。


○注意事項

 エアガンを撃つ際には周辺に気をつけて人や動物がいないことを確認した上で撃ちましょう。また、BB弾は50~60m程度まで飛びますので注意してください。
イタズラのつもりで共有物や他人の財産を撃って壊したり、人や動物を撃って怪我をさせたりすると、器物損壊や傷害などで処罰される場合があります知らなかったや、そんなつもりはなかったではすまないこともあります。
 公園や川原で遊ぶ場合はその地域の条例を確認することをお勧めします。場所によっては条例に抵触する恐れがあります

 エアガンは銃を模した玩具です。持ち歩く際はそれがエアガンだとわからないようにケースやバックに入れて運びましょう。

 エアガンは玩具ですが取り扱いは実銃と同じだと思ってください。間違えた使い方をすれば、人を傷つけ、自分を犯罪者にします。それを心に留めておいてください。

 幹事の言うことはしっかり聞き、フィールドやそのゲームでのルールは守りましょう。

 ゲーム中は身体、装備どれに弾が当たってもヒットです。大声で「ヒット」と叫んで潔く死にましょう。


サバイバルゲームは自己申告で成り立っている紳士のゲームです。ルールを守らなければ成り立ちません。自分だけはいいだろう。とか思ってる奴は消えてください。迷惑です。



○まとめ

長々と失礼。最後まで読んでくれた人。ありがとうございます。

まぁ、ルールを守って楽しく遊びましょうって事ですよ。特にサバイバルゲームは日本じゃ白い眼で見られることが多いですからねぇ。犯罪者予備軍とか言われるのは勘弁してほしいのですよ。


今日はこんな感じでおしまい。

では、また
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ロスとZWEIの徒然漫遊奇 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。